『晴天の霹靂』試写会いってきました

5月1日の映画の日に『相棒Ⅲ』を見に行ったおかげで試写会があたったので本日、鑑賞に行ってまいりました。

大泉洋という役者が好きなので予告編みて公開になったら見に行こうと思っていたらば、劇場を出たところに応募箱!
ラッキー!とばかりに早速応募して帰りました。
当選結果はいつだろうな?と思っていたら先週、当選はがきが届いたので行ってまいりました。

2名様のペアご招待なので夕方、友人と待ち合わせて楽しみに劇場内に入りました。

お話は、うだつのあがらない自分に嫌気の差した男がある日突然雷に打たれて自分の父親の若きころに出会います。
そこには自分を妊娠している母親もいます。なぜ、自分の母親は自分と父を棄ててでていったのか?ずっとうらみに思っていた男は自分の出生の秘密を知ることになるのです。
何もかもが父親の嘘だった、彼は・・・

話はごくごくシンプルに作られていて登場人物も少なくて本当にわかりやすく構成されていました。
劇団ひとり!なかなかやるじゃん!と思ってしまいました。

暖かなものがこみ上げてくる作品だと思います。ぜひぜひ劇場へ!


青天の霹靂 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2013-08-01
劇団ひとり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青天の霹靂 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"『晴天の霹靂』試写会いってきました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント