4/21 岡山県井原市 楽市楽座フリーマーケット出店と申し込み方法!

半年に一度のフリマに参戦の日である。

前回は9月で台風が来る前の開催で今回は春の嵐の前に開催となりました。

こちらの楽市楽座のフリーマーケットさんは場所代・・・いわゆる出店料が無料です。

福山市内で出したりすると相場は大体1000円。フリマの1000円ははっきり言ってキツイです。

が!ここは神さまのような主催者様なのでいつも助かってます。

いつものごとく大体前の日には持っていくものとかを準備するのですが今回は当日になって雨で順延ということもありえるのでもう、そのまま前回のものをもっていくようにしました。

うちから会場までは40分くらいの道のり!これって休日だから・・・
平日だったらゆうに1時間はかかります。

暑さ対策の帽子と日焼け止めクリームは必需品!あと暇になったときのための文庫本。

今回は私小説の草稿中ということもあって資料を持参して、いざ!れっつらゴー!


画像



そんでもって到着です。

8時少し前くらい。車も誘導してくれるし至れり尽くせり!一緒に出店した友人とは斜め前での組み合わせ。

車出店なんで楽です。ハッチ開けてブルーシートを広げるとすぐに荷物を降ろせますから。

で、私の場合は雑貨が多いのでこれを後からおろすことにしてまずは洋服をハンガーにかけていきます。

お客さんが早い人はもう来ていて雑貨なんかをすぐに出してしまうと箱を勝手に開けてこっちの体制が整っていないところで値段交渉が始まってしまうのでここは売れないものから出すのが順当なのである。

で、ぼちぼちと売れ筋系のアクセサリーを前において後は家庭雑貨などは後ろの穂に陳列していき完了!

画像


体制は整いましたが・・・この日はあまり早くから売れてきません。

今回は不作かなあ?と思いきや・・・年配のおじさんがジッとネックレスを見ているではないか。金のコインのモチーフのネックレスだったので本物かどうかしきりに見ていた。

あまりに時間をかけて見るので、「おじさん! それ、偽者だよ!。こんなところで古物商の許可もないのに本物置けるわけないからね!」

そういうと、おじさんがスコスコと去ってほかの店に行った。

まあ、そんなこんなでそのネックレスはずいぶんいろんな人が見ていってくれましたが昼前におばさんがお買い上げくださいました。

隣のブースは洋服ばっかり置いてましたがきれいな人が着る今ばやりの洋服だったので朝からご盛況ですごく売れてましたが・・・

どう見ても60歳過ぎの年配の女性が彼女たちの服を抱えきれないほどもって纏めて買っていったのにはびっくりでした。
サイズだって到底入りそうもないし・・・デザインだってあなたのお孫さんにでしょう!

自分が着るとは思えんけど・・・孫さん用?

で、私のところはアクセサリーが順調に売れて行き・・・毎回やってくる変なおばさんは今回もまた同じことを言って50円で出したクリアファイルを買っていった。

100円均一で売っているようなクリアファイルにいちいち説明を求められたのにはびっくりしたが数時間後に友人はこのおばさんに数十分捕まってただの話相手にさせられていた。

寂しいおばさんなんだな・・・数年前までは私が勤めていた店にもこんな人は毎月のようにきてたっけ。

これも、不景気のなせる業? おばさん・・・いくとこナイネんな~~(ーー;)

そんなこんなしていると日も高くなってぼちぼちと私のところも売れて行き・・・今回は値段けっこうおまけしたしなあ~~

昼前ごろにはお客さんの層が中国人の若い子たちに変わっていった。

彼女たちはいいお客さんなのだが値切りが強烈である!なんでも100円という!

勘弁して!おまけになんでもポイポイと勝手に散らかしていくのでけっこうはた迷惑である。

派手な洋服のない私は早々に客がひきはじめたので服から片付け始めた。

撤退するときは売れないものから片付けるのが鉄則である!

で、13時半ごろ片付け終了~~ここは14時にならないと帰れないのでそれまではまあ、ぼちぼちと人様の片付けの終わってないブースを見たりしてすごす。

で、時間になったので・・・早々に友人に別れを告げて帰途についた。

まあまあの売れ行き・・・前回に続いて今回もまあまあであった。

よしよし! 

最後に、このフリマに出したいんだけど申し込みの仕方がわからないといわれていたお客さんがいたので申し込みはこちらからです!

http://www.rakuichi-rakuza.jp/

こちらのサイトで登録をして申し込んでください!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック